読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『僕らの集会所建築プロジェクト』答えは一歩先にある!

サラリーマンをやりながら、日々目の前の疑問に立ち向かい成長することを目指すブログ。

空家のリフォーム始めます。

リフォーム

f:id:ippo180:20170212211845j:plain週末を利用して実家のリフォーム開始。
プロにお願いするわけでもなく、なんでも器用にこなせてしまう
自分の腕を信じ、いざチャレンジ!

築60年?くらい経つ、大工だった祖父の手作りハウスで、
今では空き家となっています。
空き家というか物置代わりとなっているため、とりあえず荷物を
片付けなければと離れの部屋に運んでいたところ、
離れの床がフカフカではあ~りませんか。

【荷物置き場にしようとしていた離れの部屋】
f:id:ippo180:20170212210611j:plain

部屋の右端部分(新しい床板の部分)は数年前にアリの被害で修繕したのですが、
またまたアリの被害を受けていました。
f:id:ippo180:20170212211845j:plain

というわけで急きょ離れの床板交換から始めることにしました。
とりあえず床板の撤去完了。

次は、材料購入と床板貼りです。

(続く)

リノベーション

DIY・リフォーム・リノベーション、関連する働きかた探していたらこんな人たち見つけた。
発想力、実行力すげーなぁ!

パーリー建築
https://www.facebook.com/pticpartic/?fref=st

HandiHouse project
http://handihouse-project.jp/

TEAM クラプトン
https://www.facebook.com/TEAMclapton/?fref=st

ポジショニング!

自分自身でそう思う。
これはこれからの人生を歩んで行く上でメリットなのだろうかデメリットだろうか。
自分の性格を信じよう。
どんな人にも生まれてきた理由があるのだから。
自分を信じて、個性があろうともなかろうとも
自分の個性に気づいていないだけ。
一歩一歩前に進めばいい。
遠回りしただけ成長している自分を感じよう。
さぁ、自分を信じて突き進むぞ。

息抜きの方法

サラリーマンとして本業ではひたすらパソコンに向かっての作業。

と思いきや打ち合わせの連続。

でも最近意識が変わってきた。

起業準備を始めたせいか、対話する相手の考え方にすごく興味を持つようになり、自分の業務の守備範囲外まで興味が持てるようになってきた。

でもやっぱり会社の人と飲みに行くと愚痴になってしまうな。

たまには愚痴を肴にストレス発散もいいでしょ。

f:id:ippo180:20170131230309j:plain

不安を解決する方法。

起業準備を始めて45日目。
起業するのは、怖さ7割、楽しさ3割の感覚。
今の段階では怖さが勝っている。

先日、起業18ラジオを聴いた。
こうやってモチベーションを保っている。

怖いのは、やったことがないから、やろうとしているから。
悩むのは前に進もうとしているから。

一歩一歩進んでる証拠なのだ。f:id:ippo180:20170131080355j:plain

時間が足りない

起業準備を始めて44日目。

時間が足りない。

 

【理由】

1.通勤時間が長い

2.企業準備よりも優先してしまうことがある。

  (例えば飲み会)

3.家にいると雑音が入っていしまう。

  (テレビがついていると思わず見てしまう)

 

あれもこれもやろうとするとなおさら時間が足りない。

だからこそ断捨離決行。

f:id:ippo180:20170130193631j:plain

 

良い仲間に囲まれたい

性格

昨日親しい会社の同僚と食事に行った。

その人には僕が起業に向けて準備していることを知っている。

お店に行く途中、突然「そうだ、伝えたいことがあるんだ。俺じゃないとこんなこと言えないだろうから。」と言われた。

自分の性格を客観的に知りたいとずっと持っていたので、その言葉にとてもありがたさを感じた。しかし・・・、

お店ついていざ聞いてみると

「〇〇さん(自分のこと)って人に興味がないよね。記念日とかほとんど気にしないし・・・。まったく興味がないわけじゃないだろうけど、ほとんど興味持たないでしょ?」

との言葉。

なるほど!確かに!

自分では前々からわかっていたことではあるが、こんな風にストレートに言われるとちょこっとへこむ。でもありがたいな。

自分では、普段の生活の中で良い意見しか聞こえてこないが、こんな仲間がとても大切。

将来、良い仲間に囲まれて楽しい人生を送りたい。

その道を作るのも方向を決めるのも自分次第。

一歩一歩遠回りでもいいから進もう。

たまに後ろに進んでも構わない。

進むことをあきらめることは絶対にしたくない。